まつ毛美容液ルミガンでモテまつ毛を目指す!

2020年02月01日

長くて濃くツヤツヤとしたまつ毛は、美人の条件の一つともいえる重要ポイントです。まつ毛に十分な長さがないと、目元がなんとなく地味な印象になってしまいます。お化粧時には必ずマスカラを使用してボリュームアップしている、という人も多いのではないでしょうか。メイクをすれば一時的に目元を華やかに見せることができますが、できれば自然なまつ毛を長く濃く育てたいものです。

まつ毛の長さは生まれつき決まっているものだから変えられない、そう考えて諦めている人に注目して欲しいのがまつ毛美容液ルミガンです。まつ毛貧毛症の治療薬として美容クリニックでも処方されるほど、優れた効果をもつことで知られています。まばらで少ない、長さが足りないなどのさまざまな悩みを解決するアイテムとして、多くの人に愛用されているのです。

ルミガンを使用するとまつ毛が濃くなる理由は、配合成分であるビマトプロストにあります。ビマトプロストは、もともと緑内障を治療するために開発された成分です。緑内障治療のために使用した患者から、まつ毛が長くなったと報告があり、その育毛効果に注目が集まるようになりました。偶然に発見された作用によって、美容目的で使用されるようになったのです。

ビマトプロストを配合しているルミガンのまつ毛の育毛効果は、臨床試験によって実証されています。4ヶ月間塗布を続けた結果、80%近くの人に効果があらわれたのです。長さや濃さ、そして太さなどさまざまな点に嬉しい効果がもたらされたといいます。まつ毛に関する悩みを抱えている人にとって、まさに画期的な美容液だといえるでしょう。

ルミガンの使用方法は、専用のアプリケーターまたは綿棒等を使用してまつ毛の生え際に塗布する、というものです。目の中に垂れてしまわないように、使用量は一回あたり一滴程度に抑える必要があります。多く塗っても効果が強まるわけではありませんから、適量を守るようにしましょう。お化粧でアイラインを入れるときのように、目頭から端に向かって塗布を行っていきます。目の周りの皮膚やまぶたに付着してしまった場合は、清潔なコットン等で優しく拭き取りましょう。

一日の使用回数は一回までと決められており、一度塗布をしたら24時間間隔をあける必要があります。就寝前など、使用するタイミングを決めておくとよいでしょう。コンタクトレンズを使っている方は、塗布前に外しておく必要があります。

ルミガンは世界各国で使用されている安全性の高い薬ですが、使用方法を間違えると副作用を生じることもありますので、用法や用量を必ず守って使いましょう。皮膚に付着すると色素沈着を引き起こす可能性がありますので、目の周りに薬液がついてしまったら、すぐに拭き取ることが大切です。継続して使用していれば、1ヶ月ほどで変化があらわれはじめ、その効果は4ヶ月後に最大になるといわれています。毎日丁寧にケアを行って、魅力的な目元を目指しましょう。