公開履歴
スキンケアをする女性

明るく透明感のある素肌になりたい、そう考えている人におすすめなのがハイドロキノンです。肌の漂白剤という異名を持つほど、優れた美白効果を持つことで知られています。肌にシミがあったり、くすみが目立っていたりすると鏡を見るたびに憂鬱な気分になってしまうものです。白く輝くような素肌を得ることができれば、メイクをするのも楽しくなるでしょう。画期的な美白成分として話題を集めているハイドロキノンを使って、理想的な肌を目指しましょう。

ハイドロキノンは非常に高い効果を持つ成分ですので、使い方を誤ってしまうと肌にダメージを与える可能性があります。使用にあたっては注意点をよく確認し、肌に負担がかからないように気を配ることが大切です。

高濃度のハイドロキノンが配合されているクリームを長期的に顔全体へ使用していると、赤みやかゆみ、白斑などのトラブルが起きる可能性があります。成分濃度の高い製品はシミが気になる部分などへスポット的に使用するのが良いでしょう。部分的に使用する場合は、綿棒等を使用して肌へと塗布します。市販されているハイドロキノン配合アイテムには、さまざまな種類が存在しています。製品によって成分濃度に大きな違いがありますので、使用したい箇所や肌質等に合わせて選ぶことが大切です。

ハイドロキノンを使用して美白ケアを行うならば、まずはパッチテストで肌への影響を確認しましょう。二の腕の内側などの皮膚が薄い部分に塗布し、絆創膏などでカバーして一日ほど様子を見ます。強い刺激を感じたり、肌に異常があらわれたりしたらすぐに使用を停止して、クリニックで診療を受けましょう。

パッチテストをクリアできたら、次は実際にお顔の肌に使用することになります。使用前の洗顔時には、肌をこすらないように気をつけて優しく洗いましょう。低刺激な洗顔料や石鹸を使用し、よく泡立てて肌を包むように洗顔を行います。

洗顔後、すぐにハイドロキノンを使用してしまうと浸透性が高くなりすぎてしまい、肌に負担がかかる恐れがあります。洗顔後は20分ほど経過してから、使用するようにしたほうが安心です。そして先に化粧水や乳液等でケアをしてからハイドロキノンを使用すると、肌への作用を穏やかにすることができます。

副作用を引き起こさないようにするためには、使用する量と頻度に注意を払うことが大切です。また使用は夜間のみに限定し、日中に使用することは避けましょう。紫外線の影響を受けやすい成分ですので、日中に使用すると変質してしまう可能性があるためです。昼間に使用したい場合は、日焼け止めクリームや帽子等を使用して、紫外線対策をしっかりと行いましょう。

ハイドロキノンはチロシナーゼという酵素の働きを抑えて、メラニン色素の生成を阻害する成分です。さらにメラノサイトの活動を抑え、茶褐色になったメラニンを薄くする作用を持っています。できてしまったシミの色を薄くし、新たなメラニン色素が作られないよう防いでくれる成分なのです。ハイドロキノンのメラニン色素抑制作用は非常に強力であり、そのパワーは一般的な美白成分のおよそ百倍ともいわれています。このため美白への効果を実感できる画期的な成分として、大きな注目を集めているのです。

肌に高い美白作用をもたらすということは、それだけ強い影響力を持っているということでもあります。正しく使用すれば、肌の透明感を向上し、シミを薄くするといった美容効果を得ることができるでしょう。しかし一度に多量に使用してしまったり、デリケートな状態の肌に塗布したりすると、トラブルを引き起こしかねませんので、肌に負担とならない使い方を守り、ハイドロキノンで理想的な美肌を目指しましょう。